プログラミング、ガジェット、趣味ネタを配信するブログ

Git Github ツール プログラミング

「Tortoise Git」のコミットとプッシュでデータをアップする方法

投稿日:

「Tortoise Git」を使用して作業フォルダのデータをGithubプロジェクトにアップして更新していく必要があります。
今回はそのデータをアップする方法を紹介していきます。

 

○ Gitの基礎用語

「Git」のデータアップには2つの種類があります。

① コミット … ローカルリポジトリにデータをアップする。

② プッシュ … リモートリポジトリにデータをアップする。(こちらが大元のサーバーのデータを更新します。)

 

下記のようなイメージになります。

 

だいたいイメージできたかと思いますので、コミットとプッシュの手順をまとめていこうと思います。

 

○ データのコミット手順

ローカルリポジトリにデータをアップする手順を説明していきます。
こちらのデータアップではGithubプロジェクトのデータは変更されません!

  1. まず初めにGitの作業フォルダ内のデータを更新します。
    例として、test.txtデータを編集して説明していきます。

    TortoiseGitPush01

     

  2. 「test.txt」を開くと下記のようになっております。

    TortoiseGitPush01_0

     

    下記のように変更を行い、「test.txt」データを更新します。

    TortoiseGitPush01_1

     

  3. 作業フォルダのルートフォルダを右クリックして「Git コミット(c) –> “master”…」をクリックします。

    TortoiseGitPush01_2

     

  4. コミットの設定画面が開かれますので、「メッセージ」の項目に変更した内容を記入します。
    記入が終わりましたら、「コミット」をクリックします。


    TortoiseGitPush02

     

  5. 下記の画面が表示され、データがアップされます。
    最後の行に「成功」と表示されればデータアップは完了です。
    閉じるを押して終了しましょう。

    TortoiseGitPush03

     

  6. 補足になりますが、本当にGithubプロジェクトのデータが更新されていないか確認してみました。
    下記の画面のようになっており、今回更新したデータはGithubプロジェクトには反映されていないことが確認できます。

    TortoiseGitPush04

 

 

○ データのプッシュ手順

ローカルリポジトリに更新した情報をGithubプロジェクトにデータをアップする方法を説明していきます。

 

  1. 作業フォルダのルートフォルダを右クリックして「TortoiseGit」>「プッシュ(H)…」をクリックします。

    TortoiseGitPush04_2

     

  2. プッシュの設定画面が開きます。
    今回はローカルに「master」、リモートに「master」を設定します。
    ※「master」とはデフォルトで作成されるブランチになります。ブランチを作成していなければmasterを設定すれば問題ありません。問題なければ、「OK」ボタンを押します。

    TortoiseGitPush05

     

  3. データのアップ画面が表示されますので、アップ終了まで待ちます。

    TortoiseGitPush06

     

  4. もし、「Github」にログインしていなければ下記のログイン画面が表示されます。
    アカウントとパスワードを入力して「Login」ボタンを押します。

    TortoiseGitPush07

     

  5. 下記のように「成功」と表示されればデータのアップは終了です。
    「閉じる」ボタンをおして終了しましょう。

    TortoiseGitPush08

     

  6. 補足ですが、Githubプロジェクトにデータがアップされているか確認してみます。
    コミットと違いGithubプロジェクトのデータが更新されていることが確認できます。

    TortoiseGitPush09

 

 

以上で、「Toroise Git」でコミット、プッシュする手順の紹介は終わります。
バージョン管理はとても役に立ちますので、記事を見ていただいた方も使ってみましょう!

-Git, Github, ツール, プログラミング

執筆者:


  1. Bablofil より:

    Thanks, great article.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【UE4】実行直後にOverlapのトリガーが発生しない問題の解消

実行直後(プレイ開始直後)に「OnActorBeginOverlap」にデリゲートを追加した独自の関数が呼ばれないので、調査したので記録になります。 原因ですが、BeginPlay時に設定していること …

no image

【UE4】FastBuildを使う

分散ビルドツールを使おうと思い、FastBuildを調べていました。 下記のURLを参考にして対応していけば使えるようになるかと思います。 とりあえずメモ書き程度ですが、時間を見て詳しくまとめようかと …

no image

【GCC_2019】「BIOHAZARD RE:2の開発中のプレイログを収集した成果と過程」の感想

GCC2019の講演の1つ「BIOHAZARD RE:2の開発中のプレイログを収集した成果と過程」の感想をまとめていきたいと思います。 バイオハザードというビッグタイトルで、プレイログを使用してどのよ …

no image

【GCC_2019】「ニューラルネットワークを用いたAIの格闘ゲームへの組み込み」の感想

GCCの講演の1つ「ニューラルネットワークを用いたAIの格闘ゲームへの組み込み」を聞いた感想をまとめていこうと思います。 講演のスライドはこちら 感想 正直、AI(人工知能)とか機械学習とかにある程度 …

【UE4】CRIWAREのサウンドライブラリ「CRI ADX2 LE」を使ってみよう

概要 ゲーム開発をしているとサウンドによくCRIWAREが使用されていたので、個人開発でも使ってみようと思い調べてみたところ 無料版の「CRI ADX2 LE」があるみたいなので、勉強もかねて使ってみ …

スポンサー 人気記事 最近の投稿