プログラミング、ガジェット、趣味ネタを配信するブログ

ゲーム開発 プログラミング

【GCC_2019】「ニューラルネットワークを用いたAIの格闘ゲームへの組み込み」の感想

投稿日:

GCCの講演の1つ「ニューラルネットワークを用いたAIの格闘ゲームへの組み込み」を聞いた感想をまとめていこうと思います。
講演のスライドはこちら

感想

正直、AI(人工知能)とか機械学習とかにある程度詳しくないと、かなり難しいのではという印象を感じました。
実際私が詳しくないので聞いていて、実際に処理をどう組んでいるのかなどがイメージができなかったですね。。。(勉強不足でした)

ですが、とてもワクワクする内容で実際に試してみたいと思わせる講演でした!

 

ざっくりと内容

ゲームのラウンド終了毎に、ゲームのプレイログ(キー入力や位置情報など)を学習スレッドに渡しておき、ゲーム中にそのデータを使用してキー入力を返すことで、CPUキャラクターを動かしている感じです。
前もって、技コマンドなどの情報を学習させたりはしていないとのことです。

学習データに関しては、大体50ラウンドくらいの情報がないといい感じに動いてくれないような話をされていました。

またAIシステムに関しては「Tensorflow」をプロトタイプとして使用していたとのことなので、処理的にはこれに近いものとなっていると思われます。

詳しくは、スライドに記載されているのでそちらを見た方がわかりやすいかと。。。

-ゲーム開発, プログラミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【UE4】実行直後にOverlapのトリガーが発生しない問題の解消

実行直後(プレイ開始直後)に「OnActorBeginOverlap」にデリゲートを追加した独自の関数が呼ばれないので、調査したので記録になります。 原因ですが、BeginPlay時に設定していること …

no image

DFrameで負荷テストシナリオを実行するまでの手順

プロジェクトの作成 VisualStudioで新しいプロジェクトを作成します。 C#のコンソールアプリを選択します。 フレームワークは「Net 6.0」を選択してプロジェクトを作成します。 プロジェク …

【UE4】CRIWAREのサウンドライブラリ「CRI ADX2 LE」を使ってみよう

概要 ゲーム開発をしているとサウンドによくCRIWAREが使用されていたので、個人開発でも使ってみようと思い調べてみたところ 無料版の「CRI ADX2 LE」があるみたいなので、勉強もかねて使ってみ …

no image

WPF AvalonDockのサンプル記事

C#のツールでウィンドウのドッキングしたいと思って調べたところ、 AvalonDockをMVVMで使うがわかりやすかったのでメモメモ。。。

no image

【Unity】Standard Assets のバーチャルパッドを使ってみよう!

無料で配布されているStandart Assetsのバーチャルパッドを使用する方法をまとめていきます。 動作確認環境 ・Unity 5.6.3p1 ・Standard Assets Version:1 …

スポンサー 人気記事 最近の投稿