プログラミング、ガジェット、趣味ネタを配信するブログ

Unity プログラミング

【Unity】Standard Assets のバーチャルパッドを使ってみよう!

投稿日:

無料で配布されているStandart Assetsのバーチャルパッドを使用する方法をまとめていきます。

動作確認環境

・Unity 5.6.3p1
・Standard Assets Version:1.1.3 (Mar 25, 2015)

Standard Assetsをインポート

「Asset Store」タブから「Standard Assets」を検索します。

検索結果に「Standart Assets」が表示されますので、クリックします。

「Import」ボタンをクリックします。
※ダウンロードしていない場合は、ダウンロードしてください。

バーチャルパッドに必要なのは「CrossPlatformInput」フォルダと「Editor/CrossPlatformInput」フォルダの中くらいですので、
下記の画像を参考にチェックボックスをつけて「Import」ボタンをクリックします。

以上で「Standard Assets」のインポートは終わりです。

「Standard Assets」のバーチャルパッドを使う方法

今回は、左スティックと1つのボタンの付いたバーチャルパッドを使用する方法をまとめていきます。

まず、インポートした「CrossPlatformInput/Prefabs」の中から「MobileSingleStickControl」をHierarchyに追加します。
※ドラッグ&ドロップでHierarchyに追加できます。

メニューバーの「Mobile Input」の設定を「Enable」にすることでバーチャルパッド操作になります。「Disable」でタッチパッド操作になります。

スマートフォンくらいしかバーチャルパッドを使用しないと思うので、
Androidへプラットフォームを変更しておきましょう。

Platformの欄から「Android」を選択して「Switch Platform」をクリックします。

その後「プレイ」ボタンを押すことで、下記のようにバーチャルパッドが表示されると思います。

参考URL

https://qiita.com/cabbage/items/7836efaa04bbb037b086

-Unity, プログラミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【UE4】Androidのパッケージビルドに失敗した時の対処

AutomationToolでのビルドエラーや下記のグレードルでのエラーが発生した時に解決した手順をまとめていきます。 LogPlayLevel: Error: ERROR: cmd.exe fail …

no image

【C++】VisualStudioの静的解析ツールCppCheckについて

CppCheckのインストール ① http://cppcheck.sourceforge.net/からCppCheckをダウンロードしてインストールします。 VisualStudioの設定 ① メニ …

no image

PowerShell ISEの実行時エラーの解消方法

エラー内容 PS C:\Users\user\Desktop> C:\Users\user\Desktop\UE4AssetsToFileList.ps1 このシステムではスクリプトの実行が無効 …

【UE4】実行直後にOverlapのトリガーが発生しない問題の解消

実行直後(プレイ開始直後)に「OnActorBeginOverlap」にデリゲートを追加した独自の関数が呼ばれないので、調査したので記録になります。 原因ですが、BeginPlay時に設定していること …

no image

【C++】VisualStudioの標準機能の静的解析ツールについて

コード分析を実行することで、アプリの品質を向上させることが可能です。プログラミング手法の違反や欠陥を見つけることができます。 設定 ① プロジェクトを右クリックして、プロパティを開き  構成プロパティ …

スポンサー 人気記事 最近の投稿