プログラミング、ガジェット、趣味ネタを配信するブログ

ゲーム開発 プログラミング

【GCC_2019】「ニューラルネットワークを用いたAIの格闘ゲームへの組み込み」の感想

投稿日:

GCCの講演の1つ「ニューラルネットワークを用いたAIの格闘ゲームへの組み込み」を聞いた感想をまとめていこうと思います。
講演のスライドはこちら

感想

正直、AI(人工知能)とか機械学習とかにある程度詳しくないと、かなり難しいのではという印象を感じました。
実際私が詳しくないので聞いていて、実際に処理をどう組んでいるのかなどがイメージができなかったですね。。。(勉強不足でした)

ですが、とてもワクワクする内容で実際に試してみたいと思わせる講演でした!

 

ざっくりと内容

ゲームのラウンド終了毎に、ゲームのプレイログ(キー入力や位置情報など)を学習スレッドに渡しておき、ゲーム中にそのデータを使用してキー入力を返すことで、CPUキャラクターを動かしている感じです。
前もって、技コマンドなどの情報を学習させたりはしていないとのことです。

学習データに関しては、大体50ラウンドくらいの情報がないといい感じに動いてくれないような話をされていました。

またAIシステムに関しては「Tensorflow」をプロトタイプとして使用していたとのことなので、処理的にはこれに近いものとなっていると思われます。

詳しくは、スライドに記載されているのでそちらを見た方がわかりやすいかと。。。

-ゲーム開発, プログラミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【UE4】CameraActorを切り替えたときのカクツキを直す

○ 概要 UE4のCameraActorをSetViewTargetWithBlend関数を使用してカメラを 切り替えたときにカクついてしまう問題に少し悩んだのでメモ書き 程度で残しておきます。 ○今 …

no image

GameCreatorsConference2019に行ってきました!

ゲームの大規模勉強会「ゲームクリエイターズカンファレンス2019」に行ってきました! 勉強会といっても、講演を聞いて質疑応答などを行う感じです。 チケット代は4000円とちょっとお高め。 参加した講演 …

no image

【C++】autoは処理負荷が重い?について調査

autoを使用すると重い? C++はautoを使用すると、実行速度が重くなると風のうわさで聞いたので、実際に確認してみました。 autoとは? C++11 から導入されて、変数宣言時に具体的な型名のか …

no image

【GCC_2019】「大規模ゲーム開発におけるフリーラン実装事例 ~気持ちよく走り続けさせるために~」の感想

今回はGCCで見てきた講演の1つ「大規模ゲーム開発におけるフリーラン実装事例 ~気持ちよく走り続けさせるために~」について ざっくりとですが、書いていこうと思います。 スライドはこちら 概要 実際のゲ …

no image

C++ メモリ領域に関して

プログラムのメモリ領域には、下記の4つがあるようです。 プログラム作成やデバッグの際に気を付けておくことで問題等を事前に防ぐことが出来ると思うので覚えておきましょう。 ヒープメモリ newやmallc …

スポンサー 人気記事 最近の投稿