プログラミング、ガジェット、趣味ネタを配信するブログ

Git ツール

Gitのリモートリポジトリの作成方法

投稿日:

Git Bashを起動してリポジトリの場所へ移動した後下記のGitコマンドを実行します。

git init --bare --shared=true

オプションの意味は下記になります。
bare:作業フォルダとは異なり更新情報だけを持つ
shared:共有可能な権限を設定する

参考URL

-Git, ツール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Githubのアカウントを作成する方法

ソースコードのバージョン管理を行う「Github」のアカウントを作成していこうと思います。 個人的には「TortoiseSVN」を使用していますが、 以前から「Github」が気になっていて、使用して …

PNGGauntletで画像圧縮

画像ファイルを容量を減らす時に使用している「PNGGauntlet」の インストール手順と使い方を簡単に紹介します。 画像圧縮ツールは、色々あると思いますがこの「PNGGauntlet」は一括で 複数 …

Githubにソースコードをアップする方法

「Github」の登録をしましたので、ファイルのアップロードを 行なう方法をまとめていこうと思います。   ○ アップロードする方法 Guthubの管理画面へ入り、「Upload files …

no image

画面録画ツール「NVIDIA ShadowPlay」を使おう!

ゲーム中の動画を撮りたくなったので、ShadowPlayをインストールしようと思いましたので、手順をまとめておこうと思います。 ちなみに、BandiCam等のツールでもいいのですが、無料版だとUE4の …

「Tortoise Git」のクローン(チェックアウト)でGithubプロジェクトの作業フォルダを作成する方法

「Git」のGUIクライアントツール「TortoiseGit」をインストールする方法 で「Tortoise Git」のインストール設定を行いましたので、今回はGithubで作成したプロジェクトの作業フ …

スポンサー 人気記事 最近の投稿